皆さんは「遺言」についてどれくらいのことを知っていますか?

随分と有名な言葉ですし、最近は相続税対策や空き家問題がクローズアップされたことにより不動産の相続対策などが取り上げられることもあって、

「遺言」という言葉自体を耳にしたことのない人の方が少数はではないでしょうか。

では、ここでもう一つ質問をします。

皆さんは「エンディングノート」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

遺言ほどではないかもしれませんが、この「エンディングルノート」という言葉も有名です。

切っかけはエンディングノートを題材にした一本の映画でした。

では、ここでさらに質問をします。

皆さんは、

  • 遺言
  • エンディングノート

の違いを説明できますか?

この二つはどちらも紙に自分の意思や希望を書き残すという点でとても似ていますが、

まったく性質の異なるものなのです。

性質が異なりますから、相続においての取り扱いも違っています。

皆さんは遺言とエンディングノートを混同していませんか?

混ぜたら危険!

相続のために覚えておきたい二つの違いについて解説します。

 

遺言とは何なのか?意味と使い方

まず「遺言」ですが、こちらはまさに「言葉を遺す」ことです。

紙に、

  • 日付
  • 記名
  • 捺印
  • 自分の財産の処分方法
  • 未成年後見人
  • 遺言執行者

の指定などを書き記し、死後に自分の願った通りに

  • 自分の財産を処分
  • 相続人への分割
  • 遺贈

をしてもらいます。

死人は棺桶から出てきて自分の希望を口にすることはできません。

また、自分が人生をかけて培った財産も、死んでしまえば自由に使うことはできません。

誰かが亡くなればその人の相続人が財産を受け継ぎ、亡くなった人に代わって維持管理または処分することになります。

そう、まさに相続です。

遺言を書き記したものを遺言書といいます。

この遺言書を巡って諍いを起こすというドラマのシナリオは定番中の定番ではないでしょうか。

  • 死後に自分の願うとおりに遺産を誰かに渡したい。
  • 自分の希望通りに遺産を分割したい。
  • 遺贈したい。
  • 遺言執行人や未成年後見人を指定したい。

死後、自分の意思を実現させるために使うのが遺言であるといえます。

また、主に遺産の処分方法について書き記すのが遺言という特徴があります。

誰かへのメッセージに遺言を使うということはあまり耳にしませんよね。

  • 預金をどうするか
  • 不動産をどうするか

遺言にはそんなことを書き記すという印象がないでしょうか。

まさにその通りなのです。

参照:
http://www.resonabank.co.jp/

 

遺言はルールを守らなければ無効

遺言は亡くなった人の意思を伝える手段だからこそ、法律で厳格なルールが定められています。

遺言は法律上のルールに則っていなければ無効です。

遺言をするなら、

  • 弁護士
  • 行政書士
  • 司法書士

に相談した方がいいと、よく言いますよね。

これは、遺言が法律上のルールを守っていなければしたためても意味をなさないからこそだといえます。

参照:
http://www.igon-souzokucenter.com/

 

遺言書にはいくつかの種類がある

また、遺言にはいくつか種類があります。

よく使われる遺言だけでも三つの種類があります。

 

①自筆証書遺言

自分で書く遺言。

タイプライターは駄目で、基本的に本人が自分で書き記さなければいけません。

法律の条件さえ踏んでいれば自分で作れますが、自分だけで作るため後に相続争いに発展するというリスクもあります。

参照:
http://www.igon-souzokucenter.com/

 

②公正証書遺言

公証役場とやり取りをして作る遺言書です。

公証人は法律文書のプロですので、その人の希望に合わせてアドバイスをしてくれます。

また、公証役場に加えて証人も立てなければならないため、後にトラブルになり難いというメリットがあります。

参照:
http://www.abe-gyoseioffice.com/

 

③秘密証書遺言

公証役場で作成するのは同じですが、内容を秘密にした遺言です。

開封してはじめて中身がわかる遺言で、相続人を含め周囲に遺言の中身を隠しておきたい時に使い勝手のいい遺言書です。

参照:
http://www.tokyo-intl.com/

この他にも海難事故で遭難している時の遺言や、病気で隔離病棟にいる時の遺言など、遺言にはいくつかの種類があります。

ただ、一般的によく使われるのがこの三種類の遺言です。

 

遺言書は種類によって検認が必要

遺言の種類によっては、遺言者の死後に遅滞なく裁判所のチェック(検認)を受けなければいけません。

検認が必要な代表的な遺言は自筆証書遺言です。

自筆証書遺言は本人一人で作るからこそ「これって大丈夫?」というところを裁判所がチェックするのです。

対して公正証書遺言は法律文書のプロである公証人が作成に関わりますから検認の必要はありません。

これらは遺言書の特徴の一部です。

この一部を踏まえて今度はエンディングノートについて見て行きましょう。

参照:
http://www.tokyo-intl.com/

 

エンディングノートとは何なのか?意味と使い方

エンディングノートと一緒に有名になった言葉に「終活」という言葉があります。

エンディングノートはまさにこの終活でよく用いられるもので、

  • 自分の預金口座のある銀行の一覧
  • 不動産一覧
  • 死後に連絡をとって欲しい友人の住所録
  • 家族に伝えたいこと
  • 整理しておきたい情報

などを書き記します。

自分の死後のことを考えて記すのであれば遺言と同じではないのか?と思うかもしれませんが、エンディングノートと遺言には決定的な違いが四つあります。

  • 遺言は法律で厳しいルールが定められているがエンディングノートは定められていない(検認もいらない)
  • 遺言は主に遺産の処分について自分の意思を遺すがエンディングノートに遺すことは多岐に渡る
  • エンディングノートは死の前に自分の情報を整理し死と向き合うことにも使うが遺言は死後のためのものである
  • 遺言には法的な効力があるがエンディングノートにはない

以上の四つが遺言とエンディングノートの大きな違いになります。

 

エンディングノートはルール自由!検認もなし

遺言はルール違反をしてしまうとその遺言は無効です。

しかしエンディングノートには記載上のルールがなく、自分の好きなように書くことができます。

仲の良い夫婦が一つのエンディングノートを使って書き記すこともできます。

パソコンのワードで作成してもOKです。

また、記名・押印・日付の記載も必用だと思えば書けばいいし、いらないと思うなら書かなくても問題ありません。

エンディングノートには検認はいりません。

遺言は主に

  • A不動産は長男に
  • 預金は次男に

などというように遺産の分割法方や処分方法について書き記すことが一般的です。

他のことを書いてはいけないということはありませんが、主に遺産(財産)のために使います。

しかしエンディングノートには特にこのような目的はなく、何を書き記しても問題はありません。

自由に書いてください。

これがエンディングノートです。

 

エンディングノートには遺言のような力がない

最も大きな違いが、遺言には強い力があるけれど、エンディングノートには法的な力はないという点です。

遺言は各種の相続手続きに使います。

しかしエンディングノートは相続手続きには使いません。

相続においては

  • 参考にしますね
  • まとめておいてくれて助かった

という記録や情報という意味しかありません。

だからこそエンディングノートが見つかったからといって検認の手続きはいりません。

そもそも法的な効力がなく、強制力もないのです。

遺言書は強い力を持つけれど、エンディングノートはただの記録帳。

自分の人生の記録そのものを記し、情報を整理し、人生や死と向き合うものであるといえます。

 

最後に

おさえておきたいのは、エンディングノートは遺言の代わりにはできないということです。

いかに詳細に財産の目録を記し、遺産分割の方法を指定したとしても、エンディングノートには遺言書のような力はないのです。

二つを混同しないように、使い分けることが大切です。

同じく書き記しておくものだから一緒!そんなふうに混同して考えていませんか。

エンディングノートでは相続手続きができません。

要注意です。