相続放棄は「いざ」という時に使える手続きです。

しかしその「いざという時」というのはどんな時なのでしょう。

一般的に相続放棄は借金の相続に有効という話はよく耳にしますが、本当に借金相続に有効なのでしょうか。

また、他に覚えておいた方がいいメリットはないのでしょうか。

メリットを中心に相続放棄を使うべき相続ケースに迫ります。

実は相続放棄は借金相続以外にも使えるということを知っておきましょう。

 

相続放棄とは?遺産分割協議との違い

相続放棄とは、「放棄」という言葉が示す通り、相続そのものを「いりません」と棄ててしまうことを意味します。

よくある話で、

  • 実家は兄さんが相続していいよ
  • 私はどうせ東京だし、いまさら実家に帰るつもりはないわ

という相続を耳にします。

実家に残って結婚し、両親と同居していた長男が

  • 実家の家
  • 土地
  • 家業
  • 田んぼ

などを相続するというケースです。

これは非常によくある話ですね。

また、人が亡くなったという話をすると芋づる式に

  • 「私は遺産なんていらないって言ったのよ」
  • 「うちは長男が全部継ぐことにしたわ」

なんていう話に繋がることもあります。

皆さんも雑談としてよくこういった話を耳にしないでしょうか。

まず間違って覚えてはいけないのは、遺産の話し合いの席上で、

  • 遺産はいらない
  • 長男が全部継ぐ

という話をしてもそれは相続放棄ではないということです。

参照:
http://harako-js.com/

 

「遺産はいらない!」これは相続放棄ではない?

相続放棄には、

  • 相続のプラスもマイナスも捨てる
  • 個人が発言により勝手にできるものではない
  • 相続人の話し合いで勝手にできるものではない
  • 裁判所でしかできない手続きである
  • 期限がある
  • 必ず認められるわけではない
  • 相続放棄が認められれば最初から相続人ではなかったことになる
  • 債権者に「取り立てしないでください」とハッキリ言える
  • 債権者に「払う必要はありません」とハッキリ言える
  • もちろん他の相続人にも言える

という特徴があります。

つまり、「長男が全部継ぐ」ということは、

長男以外の兄弟姉妹は相続していないために一見して相続放棄のように見えますが、

これは相続放棄ではなく遺産分割協議といいます。

相続放棄は相続権そのものを捨てることですから、個人が「いらない」で捨てることはできず、

裁判所で手続きすることによって唯一可能となっています。

遺産分割協議とは相続人間で話し合って自由に遺産の取り分を決めることで、

  • 長男に遺産を集中させることを話し合いで決める
  • 法律と違った取り分を相続人間で話し合って決める

ことは相続放棄ではなく遺産分割協議になります。

参照:
http://minami-s.jp/

 

遺産分割協議と相続放棄を間違えていませんか?

また、よくあるのが、「話し合いの席で私は遺産なんていらないって言った」ことを相続放棄と表現してしまうことです。

これは言葉の綾というやつかもしれません。

相続人間で話し合ってその席上で

「遺産はいりません」

と言ったなら一見して相続放棄のように思えますが、これも遺産分割協議になります。

あくまで裁判所で手続きをしていないのであればそれは逆さにしても横にしても相続放棄ではありませんのでご注意を。

相続人同士の遺産分けとしては有効ですが、相続放棄として相続権を捨てているわけではありませんのでご注意ください。

相続人同士で話し合って遺産の取り分を決め、

それでもって「私は遺産なんていらないって言ったのよ」と話し合いの席上で口にしただけでは、

債権者に対して「相続放棄した」と主張はできません。

きっちり相続放棄のメリットを得るためには裁判所で手続きすることが必須なのです。

逆に考えると裁判所が関わっていない相続放棄は存在しないということが言えます。

参照:
http://harako-js.com/

 

相続放棄は裁判所でだけ可能な手続き

相続放棄は裁判所でしかできない。

裁判所以外で「遺産はいらない」といっても相続放棄のメリットを受けることはできない。

この知識を明確にしておきましょう。

裁判所でするからこそ

  • 最初から相続人ではなかったことにする
  • 相続権を棄てる

ということが許されるのです。

 

 

相続放棄は借金の相続に有効!マイナスを棄てるメリット

さて、そんな相続放棄ですが、有名なメリットとしてはやはり借金相続対策になるということではないでしょうか。

基本的に遺産に借金が多ければ相続放棄をしてしまうことにメリットがあるのは確かです。

 

借金に有効な相続放棄の絶対効とは

前述したメリットの中で

「債権者に相続放棄したことをはっきり主張できる」

というものがありましたよね。

相続放棄は裁判所でしかできない法律に則った手続きですから、その効力は絶対的です。

ですから債権者がいくら

「あなたのお父さんがお金を借りていました、相続人のあなたが返済してください」

と言っても、相続放棄したことを告げて、相続放棄の手続きが完了した証明書を見せればそれで解決です。

つまり、相続放棄には絶対的に

  • 借金相続から逃れることができる
  • 借金相続の相続人でなかったことにできる

という効果があるということです。

世の中でよく借金の相続には相続放棄が有効という話を耳にします。

これだけの効力があるわけですから、そういった言葉が有名になるのも頷くことができますね。

しかし、相続放棄の大きなメリットはこれだけではありません。

借金相続の他にも、相続放棄がとても有効な相続ケースがあるのです。

参照:
http://zeirishi-law.com/

 

相続放棄は争続にも効果的

借金の相続以外で相続放棄の手続きが有効なのは、

  • 遺産争いをしている
  • ほとんど面識のない親族の遺産相続をする

という二つのケースです。

必ずしなければいけないというわけではありません。

諍いに巻き込まれたくないという時は、借金相続以外でも相続放棄を使うことができるのです。

「この相続、ちょっと困る」

という時に使うことができる制度なのです。

 

親族同士の相続争いに疲れた!逃れる方法は

例えば、「こんな相続嫌だな」という借金相続以外の代表例が遺産争いです。

そんなに多額の遺産を持っていなくても、

  • 故人の生前の介護
  • 相続人間の仲の良し悪し

が出てしまうのが遺産相続です。

  • 兄さんは学費を全て出してもらった。
  • 妹は結婚資金を全部出してもらった。

など、常日頃あるいは昔からの親族に対する不満が噴出するのが相続の話し合いです。

最終的に遺産が元で親族仲に亀裂が入り、音信不通、三十年以上一切口を聞かないという話だってごろごろ転がっているくらいです。

お金の話は人間関係が壊れやすいといいます。

相続もまさに親族関係の諍いのもとになってしまうことが珍しくないのです。

また、遺産が多いことが諍いのもとになるという印象があるでしょうが、

実家を誰も相続したくないという押し付け合いによって諍いが起きることもあります。

遺産の多い少ないは相続争い、または相続に端を発して諍いにはあまり関係ありません。

起きる時は起きてしまうのです。

しかし中には、遺産がもとで起きた諍いから

  • 一線を引きたい
  • 巻き込まれたくない

という人もいることでしょう。

そんな時は相続放棄の手続きをして、諍いから離れてしまうこともできます。

他の相続人から相続放棄をすることの許諾を得る必要はなく、

自分がしたければできる手続きですので、相続争いに巻き込まれたくない人も有効な手続きです。

 

遠縁の遺産は不要!という時も

また、あまり面識のない親族の相続を回避するためにも相続放棄は有効です。

相続放棄自体は相続が起きてからでないとできません。

事前に「〇〇さんの相続分は放棄したいのですが」と裁判所に行っても、相続が起きてからでないと取り合ってはくれません。

しかし、相続が起きてからなら例えどんな相続でもしっかり手続きすることができるのです。

相続というと親の遺産を子供が受け継ぐといった近しい間柄の相続をまず思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし中には、まったく会ったことのない親族の相続人になるというケースも存在しています。

例えば、生まれてから一度も顔を合わせたことのない

  • 叔父(伯父)
  • 叔母(伯母)

の相続人になる姪や甥などが代表的なケースです。

  • 配偶者
  • 子供
  • 両親

といった相続人がおらず、しかも兄弟姉妹が全員亡くなっている、

あるいは相続放棄をしていたという場合に姪や甥が相続人になることがあります。

ほとんど顔を合わせたことのない人の自宅などの居住不動産を受け継ぐのはちょっと嫌だな、

遠方なのに不動産を相続するのは管理も関係で困るなという時に相続放棄が使えます。

参照:
http://touki.sihou-hagiwara.jp/

 

最後に

相続放棄は相続権そのものを捨てる手続きですので、

  • 兄さんが実家を相続して
  • 私は一切遺産はいりません

話し合いで遺産分割を決めることとは異なります。

相続権を簡単に捨ててしまえたらお金を貸す側が大変なことになりますから、

裁判所の指揮のもと、相応の手続きを踏まなければできないことになっています。

最も有名な相続放棄が有効なケースは借金の相続ですが、その他にも

  • 相続の話し合いが拗れている場合
  • 殆ど面識のない人の遺産を相続してしまう場合

などには有効な方法です。

世の中の相続は棚から札束という相続ばかりではなく、しかも相続をするには面倒な手続きもたくさんありますから、

借金以外でも相続放棄をするメリットはあります。

相続放棄自体はさほどお金がかかる手続きというわけではありません。

  • 自分がその相続から離れたい
  • 関与したくない

という時は活用を検討してもらいたい手続きです。